全国の田舎大好き女子です。 普段は、田舎暮らしアドバイザーとかしていたりしていなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほしくみこ
 
[スポンサー広告
渡辺一枝トークの会“福島の声を聞こう!vol.2 ゲストは飯舘村の市澤さん
メディアを通じてではない、福島の今を生きる人の声に耳を傾けてみませんか?
ゲストは私が大好きでお世話になっている、飯舘村で本物の美味しい珈琲と素敵な時間を提供してきた珈琲店「椏久里」のお母さん、市澤美由紀さん。

-------------------------------

「お金はいっぱいなくていい。飯舘村で生きていければいい。椏久里の中から、子どもたちが学校から帰ってくる姿が見られれば良かった」

市澤さんが私に最初に話してくださった言葉がいつも脳裏にある。


「椏久里」は、市澤さんご夫妻が始めたお店。
「漬物だけでは田舎に人は来ない。都会にはない高品質の、本物があれば、都会の人を引き付ける魅力となる」と、田舎でも新しい商売を始めることができると自ら実践するために、東京で焙煎の技術を身に付けるために修業した。お客様の8割は村外から。福島市や米沢市、首都圏からも椏久里の珈琲を求めてやってきた。大阪から修行に来る若者もいた。田舎の中にきらりと光る本物と、そこに集う人々があったから、飯舘村に移住を決めた人もいた。

 お店のファンの皆さんの後押しがあって「椏久里」は再開した。だが、市澤さんたちも借り上げ住宅に避難を余儀なくされている。
 仮設住宅と違って、良くも悪くも借り上げ住宅は何もない。近所に誰かが借り上げ住宅に住んでいるらしいという情報が入っても、個人情報だからと言って、誰がどこに避難したのか教えて貰えないので分からないという現実を市澤さんは教えてくれた。

「ボランティアでは根本的なことは解決しない自分はこうして今、借り上げ住宅に入って、仕事も再開できている。昼間は忙しさで忘れられるけれど、村全体、子供たちの被ばくを考えると、眠れない」そう表情を曇らせた。1年が経過し、辛さは増すばかりだ。皆、心の中は重いものを抱えている。

 放射能汚染の問題は、地域住民の間でも、年代、男女でも受け止め方が全く異なり、対立、別居、離婚の問題にも発展している。椏久里には避難者も足を運び、津波の恐ろしさ、不安などを市澤さんに吐露する。それを市澤さんは頷きながら聴くのだ。皆、不安な思いを聞いてほしいのだ。

「それぞれの価値観で行く、それを認め合うことが必要で、それは全ての人間関係にも言えること。大層なことでなくていい、心ある、小さな、被災者の心に寄り添うボランティアをしてほしい」
-------------------------------


市澤さんに、皆が辛い、暗い、重い気持ちを吐露する。そして、心が軽くなる。
けれど、市澤さんの心は重いものが圧し掛かってしまうのではないだろうか、と不安になる。その想いを受け止め、ただじっと頷いてくれたのが、渡辺一枝さんでした。

渡辺一枝さんは、椎名誠さんの奥さんでご自身も作家さんです。
時折、福島を訪れ、市澤さんの話に耳を傾けます。

彼女が開くトークの会に、市澤さんが声を掛けられたと連絡をもらいました。
さて、市澤さんが東京にいらっしゃって、今思っていることを語ってくださいます。

渡辺一枝トークの会 “福島の声を聞こう!vol.2”
【日時】 2012年6月5日(火)午後7時(開場は30分前)
【場所】 セッションハウス・2Fガーデン
【参加費】1,500円 ※参加費は被災地への寄金とさせていただきます。
【申込】 5月21日(月)10:00~ お電話にて受付を行ないます。
【主催・お問い合わせ】セッションハウス企画室
〒162-0805 東京都新宿区矢来町158
TEL.03-3266-0461 FAX.03-3266-0772
http://www.session-house.net/Ichietalk.html

※参加費は、福島市内の保育園の子どもたちの1日保養のバス代になります!
福島市は決して放射線量が低いとはいえません。だけど、避難できない家庭もあります。(仕事、収入、家族間の合意、避難先での差別)離れることで免疫が付くことにもつながります。ぜひ、話を聞いて、福島の今を知ってみませんか?それが、子供たちの健康を守る活動にも繋がっていきます。

被災地には足を運べないという人も、東京で彼女たちが語る言葉に一度耳を傾けて欲しいなと思います。
Posted by ほしくみこ
comment:0   trackback:0
[東日本大震災から
comment
comment posting














 

trackback URL
http://agreenqoostar.blog129.fc2.com/tb.php/652-75c763a7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。