全国の田舎大好き女子です。 普段は、田舎暮らしアドバイザーとかしていたりしていなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほしくみこ
 
[スポンサー広告
除染ボランティアというこれからの支援の在り方 除染活動団体支援ボラをSTARTします
【お知らせ】新潟福島集中豪雨のため、6日に予定したボランティアツアーは8月下旬に再設定いたします。

除染ボランティアというこれからの支援の在り方

先週、笑顔311の「+starters」の番組の中でお話させていただいたことですが、これまで、実際に個人や別団体に所属しながら、沿岸部等でのボランティア活動や放射線量が高い地域の皆様との意見交換などを行ってきた中で、これからの支援活動の一つとして、周りの友人たちと「除染ボランティア」の周知活動、首都圏からの除染ボランティアへの参加・ボランティアツアー企画などを行っていくために、「除染活動支援グループ メーヴェ(仮称)」の立ち上げます。



■背景
東京電力の福島第一原発事故による被害・風評被害からの復旧・復興していくには、行政による支援、東京電力の補償を待っている間に、状況は時一刻と変化し深刻になっています。

その状況を打開すべく、自分たちの手で放射線から地域や子供、畑、自然などを守るために、各地域で活動を起こしていらっしゃる皆様がいることを、きっと大半の福島県以外の方々は知らないことと思います。そして、福島県内でも「除染」という言葉はまだまだ認知されていのが現状です。

そこで、除染活動に取り組んでいる地域のノウハウや情報を共有し、福島県全域で、東日本で、自分たちの手による除染活動を普及させていくためにアクションを起こしていくこととしました。


【ゴール】
福島:地域住民が自分たちの地域の除染を行うことで、「観光客・生産物・居住地」の安全を取り戻す

福島外:放射線は現在も飛散している。よって、少量であっても、数十年後の未来を見据え、かつ世界的な日本に対する不安感を払しょくするために、自分たちの手で自分たちが住む地域の除染活動を行う活動を東日本全域に広めていく。


【活動内容】
<広報・周知活動 ①独自サイト ②周知活動 他メディアとの連携>
<除染ボランティア活動>
<後方支援 ①資金調達、物資、②現地でのネットワークづくり>


□□□広報・周知活動
-----------------------------------------
①独自サイト
②周知活動

◆除染活動ポータルサイトのアップロード
→福島を中心に、全国の除染活動に取り組む団体・個人の情報が集まる情報ポータルサイト
 ・各団体の活動紹介
 ・ボランティアツアーの告知
 ・放射線MAP、除染MAP、菜の花MAPの作成、放射線量の可視化・比較

◆東日本大震災ボランティアの1つとして「除染ボランティア」カテゴリの確立
・既存東日本大震災ボランティアサイトなどへのカテゴリ登録のために周知活動


□□□除染ボランティア
-----------------------------------------
◆実際に、除染ボランティアに参加するため、ボランティアツアーの企画・運営
・各実施団体へのヒアリング(ボランティアの要不要、活動内容、日時、場所等
・除染ボランティアツアーの企画、集客、運営
・ボランティアに参加、地域の勉強会に参加
・ボランティアレポートのアップロード
・各除染活動団体との課題の共有


□□□後方支援
-----------------------------------------
①資金調達、物資
②現地調整

◆資金調達・広報活動
・HP上での活動レポート、支援物資・支援金の呼び掛け
・東京等で開催される東日本大震災関連の報告会等での周知、資金支援のお願い
◆現地調整
・現地除染実施団体に関する情報収集(活動内容、活動エリア、規模、課題等)
・現地の各除染活動実施団体との協議会結成、連携調整
・現地の各除染活動実施団体との会議
・実施団体のノウハウの共有、アーカイブ化



それで、現地のいくつかの除染活動実施団体さんとの意見交換も併せて、除染ボランティアツアーを8月6~7日(土~日)に予定しています。興味、参加をご希望の方は星までご連絡ください。(コメント等)

※意見交換の前に、除染活動を予定しています。福島県内の除染活動に取り組む団体のコミュニケーション、ノウハウの共有も兼ねて、多くの団体の方にご参加いただきたいと考えております。また、他にも除染活動を実施していらっしゃるボランティア団体がございましたら、こちらまでご連絡をいただくか、このメールを転送いただければ幸いです。

詳細はいま詰めているので、興味がある方はメッセージないしメールをいただければ幸いです。


□想い

東京電力の福島第一原発事故が収まらないと、除染なんてしてもまた汚染されるだろう、そう言葉を掛けられる方もいます。それは私の身体を心配してくれてのことというのもあるのですが、今福島の外にいる私たちが、月に1回ないし2カ月に1回程度福島に行って、除染ボランティアをしても、恐らく通常の既定の年間の放射線量は浴びないでしょう。

人にはそれぞれ守るべきものが異なる。
子供がいる方にとっては、きっと自分より大切な命がある。
その地域でずっと生きてきた方には、その地での思い出、創り上げてきた軌跡である田畑や産業がある。
その地で生きることを誇りと思っている方もいるのだ。

単に、放射線量が高くて危険だから、福島から逃げ出そうという人が全員ではない。

そこで、農林漁業をしてきた人、町おこしをしていくために地域の方と粘り強く話し合い続け、町を元気にしてきた人、雄大な自然を活かして子供たちの笑顔を生み出してきた人。

たくさんの方を私は知っています。

だからこそ、彼らがそこで生きることを決めた、輝きある福島を取り戻していきたいという想いを形にできるお手伝いをしていきたいと思います。

放射線量が低い、高いにかかわらず、福島県全域で除染活動を行い、福島県の子供たちの未来、福島県の農業をはじめとする生産物への信頼、観光客、UIターンを希望される方を取り戻すお手伝いをしていきます。また、放射線の検出は今や福島県に留まりません。福島での除染ボランティアを通じて、福島県以外からの参加者に、自発的に自分たちの地域でも除染活動をしていただき、日本全体でクリーンな日本を取り戻していくための活動に繋がるようにしていきたいと思います。


これは完全個人で有志でのボランティア団体になります。
後方支援やHP更新などのボランティアさんも募集していますので、ぜひご連絡ください!

7月末~8月上旬にはHPアップ、具体的に活動にしていきますので、進捗があればブログでお知らせします。
Posted by ほしくみこ
comment:5   trackback:0
[未分類
comment
はじめまして。福島県新地町出身のtotoと申します。
6月18日の新地町ボランティアレポを拝見し、以来読者として通っておりました。
除染に対する考え方の部分に共感を感じ、ご連絡させて頂きました。
8月6日、7日の除染ボランティアツアーについて、ぜひ詳細を伺いたく思います。
記載のメールアドレスにご連絡頂ければ幸いです。
2011/07/22 00:09 | | edit posted by toto
除染活動とは
先週、福島の友人を訪ねてきました。
彼は小学生の先生なんですが、道端を歩く子ども達をみつけて「あれ?大丈夫かな?」って呟くんです。当たり前の光景が当たり前じゃない生活。公園の遊具も使われていなくて蜘蛛の巣が張っていました。
小さな山に登って福島の街を一望しました。この光景が放射能に汚染されていることが信じられない。
そして、この光景をどうやって取り戻して行くのか。眼下に広がる広大な風景に苦しくなりました。

除染のボランティア、除染ということ自体をぼくはまだよくわかっていないので勉強させていただきたいと思います。
もし、可能でしたら幾つか「除染」というものについて質問があるのですが、連絡してもよろしいでしょうか。

ぼくには放射能の「物理的な影響」はわかりませんが、少なくともそれによるたくさんの被害があることは理解できました。「除染」がそれらに対して効果があるのならと思い、コメントさせていただきました。
2011/07/25 13:03 | | edit posted by てつ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/31 21:39 | | edit posted by
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/01 10:19 | | edit posted by
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/01 22:40 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://agreenqoostar.blog129.fc2.com/tb.php/612-bccd3f12
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。