全国の田舎大好き女子です。 普段は、田舎暮らしアドバイザーとかしていたりしていなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほしくみこ
 
[スポンサー広告
福島レポート その2.ばんだい2000さんと浪江町からの避難されている方
■ばんだい2000

 まず、田舎暮らしやツーリズムワーキングホリデーでお世話になっている福島県猪苗代町のNPOばんだい2000に向かいました。元磐梯国際スキー場の管理を任され、冬はスキー教室、夏は山を使った自然学校など子供の受入などを行っているところです。その宿泊施設には、浪江町から避難してきたみなさんを受け入れています。お米があまりなくて困っている、ということだったので、大した量ではないのですが、実家で作っているお米を届けてきました。

 ここに避難されている方の多くは、高齢の方でした。最高年齢が90歳、老人ホームなどに入居されていた方がたのようで、仮設住宅ができても、そこで独り暮らしをすることは難しい、と窺いました。全ての人が身の回りのことを自分で全てできない人もいるし、阪神大震災の際に仮設住宅で孤独死した人だっている。

 天栄村の富田さんと話をした際に、農村では孤独死が少ないと話した。互いに助け合うコミュニティにおいては、独り暮らしであっても、夜に点く電気が点いていなかったら、心配して見に来てくれるご近所さんがいるから、事なきをえることだってある。けれど、こうして地域のみんながバラバラになってしまえば、互いに互いを気遣えなくなってしまうかもしれない。

そして、何が足りていないかヒアリングすると、時間を潰すものが不足しているそうだ。足腰が丈夫な方は散歩に出かけたり、山菜を取りに出かけて夕食につけているそうだ。しかし、中には足の悪い人もいる。そうした方々が時間を潰せるものがあればいいとお伺いした。宿泊施設のフロントには呼び鈴があって、その呼び鈴を置く敷き物は真っ赤な毛糸で出来た敷きものだった。良いアイディアが生まれたので、手仕事好きな友達に声を掛けて、新たなプロジェクトをしようと思います!

今、ボランティアも募集しているそうなので、ぜひお時間のある方はよろしくお願いいたします!!

NPOばんだい2000ボランティアネット
http://blog.livedoor.jp/bandai2000/

ここで受け入れています。
ばんだい2000
ばんだい20001
Posted by ほしくみこ
comment:0   trackback:0
[東日本大震災から
comment
comment posting














 

trackback URL
http://agreenqoostar.blog129.fc2.com/tb.php/590-4087e89e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。