全国の田舎大好き女子です。 普段は、田舎暮らしアドバイザーとかしていたりしていなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほしくみこ
 
[スポンサー広告
首都圏在住福島っこコミュを立ち上げます まずは風評被害にできることしてみませんか?

初めましての方もそうでない方も、こんにちは。
私は普段NPOふるさと回帰支援センターで全国の田舎暮らしやUIターン・都市農村交流を通じた地域活性に取り組んでいる星と申します。

中でも、福島県から委託を受けて、「ふくしまふるさと暮らし情報センター」を運営していて、福島出身であることもあり、福島にUIターンしたい方の専任相談員としても活動しています。
http://www.pref.fukushima.jp/fui/furusato_info.html


今回所属するNPOではなかなか動けないのですが、
今回の東日本大震災を受け、現在お世話になっている福島県内の各地域から農産物はもちろんのこと、いろんな分野に風評被害が及んでいます。

地域の自治体担当者や商工会の方々から聞いている話は大きなところでこれだけ出ています。

 カゴメ・デルモンテが加工用トマトの契約を今年度買わない
 小野町の燻製メーカーが3月にJALの機内食と契約したばかりなのに凍結
 昨年仕込んだ日本酒も返品が相次ぐ
 お茶の先生に使って頂いていたくぬぎ炭も出荷ストップ
 工業製品も輸出を中心に出荷できない


これはまだ氷山の一角で、今後もっともっとこうした風評被害が大きくなっていくと思います。それに、農家さんや個人のところでもそのしわ寄せがたくさん来ていると思います。

私の実家も、旧北会津村の農家で、数年後には一人娘であることもあり、今の都市農村交流・定住支援に関わりながらも農業を継ぐ予定です。過疎化、少子高齢化が進む自分の田舎を変えたいと、大学生の頃から携わってきました。

今回のことで農家だけでなく、福島で生きて行くみなさんの心まで深く傷つけられることに、どうしても立ち向かいたくて、現在、有志でですが、福島県産の野菜や特産品を購入してくださる個人・お店を探したり、福島の食材などを取り扱ったりしてくださるイベント場所を探す活動をしています

現在の実施、ご協力して、福島食材・特産品などを使っていただいているイベント

4月9日(土) 終了済
http://d.hatena.ne.jp/sugimoto_world/20110406/1302106138

4月30日(土)
http://ameblo.jp/okada-daisuke/entry-10868180208.html

5月のGWにもイベントが2つ開催予定です。今協力頂いた方に紹介文を貰い中なので、確定したらご案内します。


 一般的には、福島産ということで敬遠され、市場に出せば価格も通常よりも安く取引されてしまい、今年作付けされる多くの農産物、生産される製品、特産品が苦しむことになります。

 ただ、イベントを開いたことで、食べること・飲むこと・購入することで、福島を応援したいと声を掛けてくださる方とたくさん出会い、またその場を通じて、新たなイベント開催に繋がっています。

 実は有志といえど、ほとんど個人で動いて企画して、福島を応援したい方にイベント前に声を掛けて、イベントを手伝ってもらったり、というのが多いのです。もし、一緒にイベントを企画したり、販路とか協力者を探してくださる方がいらっしゃれば、ぜひご連絡をいただきたいです。

もちろん、情報を見て、このイベントなら参加・手伝える!となど、イベントに参加(野菜の直売イベントなら売り子さんとか、メッセージのお願いとか、集客など)してくださる方もぜひご連絡ください!

 元々、県の方と、福島県出身や福島県が好きな若い人が集まれる緩やかなネットワークがあればと話しているさなかでの震災でした。

 まだ、何をするかも、メンバーも全然決まっていなかったのですが、月に1回くらい、集まれる福島っコで、集まって、福島産の物を食べたり、福島のために今自分たちが何ができるかを話し合って、それを行動に移せるように繋がっていきませんか?

ほんっとうにゆるくて、まだ何も決まっていないのですが。
5月半ばに一度集まれたら良いなと思っています。

Coboshi
起き上がり小法師から
http://coboshi07.blog.fc2.com/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5589614

 もともと昨年結婚して、子どもが生まれたら福島に帰る予定でした。
 今回の震災を受けて、その時期を早めようとも一瞬悩みましたが、風評被害と向き合っていくためには、東京だからこそできること、をやらなきゃと思い、今回行動を起こしました。

 いまできること
 その一つが、販路を絶やさないこと

 正直なところ、福島の野菜や特産品が本当に安全なのか、言い切れないところが悔しいです。
 出ている数字は数字として伝えながらも、それでも購入・扱ってくれる人たちもいるので、その人たちにつないでいくことも、支援の一つの形だと思います。


 落ち着いたら、本当に、福島が大好きな福島っコで集まって、福島について語り合ったり、みんなで福島に行ってみたり、福島っコが集まる場にしていければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本来目指したいのは 富山県のacoico
http://acoico.net/pc_index.html


Posted by ほしくみこ
comment:0   trackback:0
[東日本大震災から
comment
comment posting














 

trackback URL
http://agreenqoostar.blog129.fc2.com/tb.php/580-93a395f4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。