FC2ブログ
全国の田舎大好き女子です。 普段は、田舎暮らしアドバイザーとかしていたりしていなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほしくみこ
 
[スポンサー広告
年末に行った周防大島レポート

民俗学者の宮本常一さんの出身地で、田舎での起業を支援する大島商船高等専門学校さんがある周防大島には一度行ってみたいと考えていたので、強硬スケジュールで行ってきました。

思い立ったのがクリスマスイブ。
初めはクリスマスの夜に出かけようと思ったのですが、いろんな人に新婚のクリスマスくらい一緒にいてあげて~と言われて、26日に出掛けることにしました。

急いでルートやスケジュールを決めてこんな感じに。

・12月26日(日) 21:00 新宿出発
・12月27日(月) 08:30 広島駅到着 レンタカーを借りる
12:00 周防大島到着
19:00 広島駅に戻る
20:00 広島出発
・12月28日(火) 06:30 新宿到着

スケジュールを見て頂くと分かる通り、夜行バスです。
お金も時間もないもので。休みが数日取れたりすれば、18きっぷでいろいろ集落も回れるんだけど、なかなか難しい。

20代半ばにもなると結構きついものですね。
思っていたよりも老いを実感中の今日この頃。



■広島到着~岩国

広島に着いた時に思ったのが、結構寒い。
ちょうど、あのときです。中国地方で大雪が降ったあの時。
レンタカーを借りた時も、「どのあたりに行きますか?」ときかれて、岩国方面と答えると、それなら大丈夫と言われました。なぜならば、タイヤがノーマルタイヤしかないので、とのこと。

そうだよなー、ノーマルタイヤで雪道を走る自信は全くない。

三好とか山間部の方は、雪で大変なことになっていたそうです。
確かに、あんまり雪が降らないところに雪が降ると、そのためにわざわざタイヤを買うかっていったらそうしないし、困るだろうな。

早速レンタカーを借りて目的地セット。


しかし、何車線にもなっていて、初っ端から曲がりたいところで曲がれず、しばらく広島市を彷徨う。帰りについても不安になる。


廿日市市さんとかも移住支援を行っているので見学したくてうずうずするも、ひとまず目的地を目指す。宮島・厳島神社の横を通る国道2号をひたすら西に向かう。

国道2号沿いは工場なども多い。
工場エリア ~ 宮島 ~ 工場エリア ~ 果てしなく海
みたいな、不思議な印象。

他のエリアでは工場の雇用は厳しいと聞いているのだけれど、この地域はどうなんだろう。
今度聞いてみようと車を走らせていたら、懐かしさを感じる。

そして、3年前はここを鈍行で旅をしたことを思い出す。
国道2号と並行して走る山陰本線で、乗り合わせたおばちゃんたちに岩国を勧められて途中下車したなあ。

そんな感じで岩国途中下車。
錦帯橋とか岩国城はこの前見たのでスルー。
前に来た時も思ったのですが、農業がさかんだなー、という印象。

で、獺祭の蔵元さんがあるんですよね。
だいぶルートから離れてしまうので、寄るのは断念。
この前、獺祭スパークリングを飲みましたが、好みとしては「ゆり」のスパークリングの方が好きかなあ。

http://www.asahishuzo.ne.jp/


岩国市は田舎暮らし支援も行っていて、知人もいますが良いところですねー。

※サイトが重くてなかなか開かないのですが、ちゃんと移住支援サイトもあります。
http://www.city.iwakuni.yamaguchi.jp/www/contents/1245138082340/html/common/4d26eb0b021.html

潮風公園みなとオアシスゆうで休憩したのですが、瀬戸内海に面していて、天気が良かったら気持ちいいんだろうなーと思いつつ、ものすごく寒かった。
瀬戸内海は日本一穏やかな海ときいていたのに、やはり荒れている日もあるものですね・・・。

そこで見つけたそばのパッケージがいかします。

「あなたのそばがいい」
旧由宇町の特産のそばだそうです。ちなみに、10月~3月限定のヤーコン芋そばなるものもありました!血糖値が気になる方に、だそうです。

いいなーおもしろい。



■周防大島へ


そして、海岸線をずーっと走って、岩国市由宇地区を通り抜け、いよいよ周防大島へ。
島といっても、本土からものの五分もしない内に、橋を渡って周防大島にたどりつくことができます。




結構空き家もちらほら見えます。

見つけたコンビニは一つ。

小さな電器屋さんや商店が立ち並ぶ島の中心地はじっくり歩いてみたかった。
もしかすると、大型家電製品店が近隣の町にあるのかもしれないけれど、車が無い人や突然何かが故障した時に助けてもらえるのはやっぱり近くにあるこうした小さなお店なのかなと思う。


それこそ宮本常一の本「旅の民俗学」の中に、日本式商業の精神の根本は慈善だ、と。

商売は持てる者が何も持たざるものを救うための一つの手段だと。
昔、士農工商の制度があったように、農地なり匠の技なり、何かを持っているものは自分の腕で何かを作り出すことができていた。

しかし、それができない人もいる。そうすると、何かを仕入れ、それを流通させる・購入して貰うことで生計を成り立たせるしかない。

結局のところ、私たちが生きて行くためには安ければいいじゃなくて、他人が生存できうるような環境に在れるように、それに見合ったお金、物ををお互いに出し合って生きてきた。

今じゃユニクロや家電量販店に行けば、安いものは手に入る。
けれど、そこで満足する・喜ぶのは果たして誰なのだろうか。

実家では、車で15分も走れば、ヤマダ電機や大型家電量販店がたくさんある。けれど、母はそれをほとんど利用せず、小さな町の電器屋さんのところで商品を買う。

割引率とかいろんなところを考えると、勿体ないのかもしれない。けれど、壊れたとか不具合が起きた時には時間が許す限り、お店のおじさんが休みの日でも来てくれる。心配してくれる。

「●●さんには頑張ってほしいもの」

そうやって、きっと昔からいろんな地域でいろんな形で人はつながりあって、助けあってきたんだろう。


そんな過去に想いを馳せながら、一時間もかからず一周できる周防大島をぐるりと回った。


道の駅では二十個くらい入った小粒のみかんが100円で売られていた。おみやげに買おうと思ったけれど、東京に戻ったら電車移動なので、1袋で我慢する。


本当は大島商戦高等専門学校にも足を運びたかったのだけれども、アポなしだったので、泣く泣く諦める。

そして、もうひとつの目的地の瀬戸内ジャムズガーデンさんを訪れる。

瀬戸内ジャムズガーデンは、周防大島出身で実家のお寺の副住職をお勤めされている奥さんと一緒にIターンされた松嶋匡史さんさんがやっていらっしゃる手作りジャムのお店です。周防大島で取れたかんきつ類などを使って年間100種類ものジャムを作っているそうです。


松嶋さんの紹介ページ
http://www.pref.yamaguchi.jp/gyosei/koho/kengai/hito/08_autumn/toku2-1.html

知らなかったのだけれども、東京やマスコミでもお取り寄せグルメでいろいろ紹介されているそうです。

瀬戸内海に面して、
本当に晴れていれば穏やかな海を見ながら、手作りジャムやスイーツを楽しめるカフェがあって、
ずっといたくなるそこには若い女性も何人か働いていました。

オーナーの松嶋さんに尋ねたところ、周防大島のみかんで新規就農したいという方を、新規就農で独り立ちできるまで、働く場の協力をしているとのこと。

新規就農の場合、最低3年。特に果樹系は出荷できるものが作れるまでに時間を要するので、その間の収入をどう補てんするかも考えていかなくてはならない課題の一つです。

就農支援で生活費の支援までしてくれるところはほんの一握りでしょう。

加工ということは本当に大事な技術です。
農業の六次産業化と言われているけれど、本物のモノに如何に付加価値を付けることができるか、それはすごく重要なこと。

例えば、高知県の馬路村。
本当に山あいにあって、生産性の高い農業は難しい。
山の斜面に柚子の木が連なっていても、担い手である農家さんの高齢化に伴い、手入れが行き届かず味は良くても形が悪いものもできてしまう。
味は美味しいのに、形でランクが低いものとして取引されてしまう。

そうして、加工の技術が進んだ。
ごっくん馬路村とか柚子を使った化粧品とか、本物の素材でできた加工商品にファンはつく。


周防大島も山の斜面でたくさんのみかん畑を見つけた。

話を聞いてみると、昭和初期までは田んぼなども多かったそう。
しかし、果樹が高値で取引されたことによって、みんな田んぼを潰して、みかん畑にしていった。そして、価格はどんどん下落していき、みかん農家の数は減っていったそうだ。

何が良くて何が悪いのか。
おそらくそれらの要因は複雑で、一概に何が悪いとはいえない。

けど、それを嘆いてばかりいても問題は解決しない。
それをどうするか、そして付加価値をつけて新しいものを提供していく。

それもとても重要なことですよね。


写真と続きはまた明日。
明日も遅いんだけれどがんばりますー。
ああ、ねむい。ここ最近4時就寝な気がする。
わかくなくなったー!
Posted by ほしくみこ
comment:0   trackback:0
[日本をぐるり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://agreenqoostar.blog129.fc2.com/tb.php/564-7b14efbe
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。